本・雑誌

旬のものを、長く美味しく。「暦の手仕事」

投稿日:2017年6月18日 更新日:

忙しい日々を送っていると、いつの間にか季節が移り変わっていて、何となく残念なような、焦るような気持ちになることがあります。

昨年6月に7年勤めた会社を退職した私の目標のひとつが「これから1年間は季節を楽しむ」でした。

なるべく、その季節にしか見られない景色を見に出かけて写真を撮ったり、食事も、旬のものを食べるようにしたり。

そんな中、「暦の手仕事」という料理本を購入しました。

暦の手仕事

サブタイトルは「季節を慈しむ保存食と暮らし方」。レシピ本というよりも料理に関するエッセイ集って感じ。レシピは巻末にまとめられていて、短い文章で書かれています。

なので、ある程度料理の経験がある人が読んだほうが良いかな。詳しい説明書きはありません。

ですが、だからこそ、大体の流れを掴んで簡単に作れるレシピが多いです。ときどき、ちょっとしたアレンジ方法やアイデアなどが添えられていて、楽しく読むことができます。

いちごジャムといちごシロップ

ちょっと季節がすぎてしまったんですけど、この春は、この本に掲載されているいちごジャムといちごシロップを作ってみました。

ジャム用のいちご

ジャム用の小粒のいちごが安かったので、ついつい作りすぎてしまい。いま実家に身を寄せているので、ジャムは家族も食べてくれましたが、いちごシロップは少し残して傷んでしまいました。分量、気をつけたい。

いちご・砂糖・レモンを煮詰める

ジャムを手作りすると、果肉の状態や甘さを自分好みに調整できるのが良いですね。

ジャムを煮詰めるときに取れるアク

いちごジャムのレシピに「ジャムを煮詰めるときに出るアクを牛乳で割ると美味しい」って書かれていたので、試してみました。結構アクが出るんです。色が濃くて綺麗。

アクを牛乳で割る

とっても美味しかった!また飲みたいけど、次の春までおあずけ。

瓶で保存

煮沸消毒した瓶に入れて、冷蔵庫で保存。毎朝これを食べるのが楽しみで、起きることができましたw

イングリッシュ・マフィンにいちごジャムを添えて

ある日の朝ごはん。確かこれはくるみ入りのイングリッシュ・マフィン。パンの素朴な味とジャムのフレッシュな甘さがマッチします。ヨーグルトにもよく添えてました。

これから食べ物が傷みやすい季節に入りますが、保存食ならある程度安心して置いておけるので便利です。

次は何を作ろうかな。

ネットで買うなら

-本・雑誌
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


更新情報をチェック